事務所概要

ご挨拶

 平安時代、今の天神橋周辺に「渡辺津(わたなべのつ)」という港がありました。京の都と瀬戸内海とをつなぐ要衝の地であり、それはすなわち、日本と海外との玄関口を意味しました。渡辺津は戦国時代まで繁栄を続け、同所には摂津国府(今でいう大阪府庁)が設けられ、熊野参詣の出発地点として、九十九王子社の第一王子社が設けられるなどしました。
 この「渡辺津」に由来して命名された渡辺橋の地において、関西から全国へ、また日本から世界へ、羽ばたく皆様の架け橋となれるよう、あらゆる法的ニーズにお応えし、プロフェッショナルとして、法務サービスを中心とした各種支援を継続的に行います。

 渡辺橋法律事務所の基本理念に「全てにおいて一流」があります。
 弁護士の専門化が叫ばれる昨今ですが、当事務所では、一つ二つの分野に専門特化するのではなく、全ての分野において専門特化することを理念としています。
 物事は、視点を変えれば違った見え方をします。あらゆる角度、分野からの視点をもって法的問題を横断的かつ総合的に判断し、すべての事象の中から最適解をみつけること、それこそがプロフェッショナルだと考えています。
 インターネット検索での回答や友人知人のアドバイスなどとは次元の異なる、本当の意味でのリーガルサービスをご提供させていただきます。

渡辺橋法律事務所代表 白井一成

沿革